Zousan60

外資系大手IT企業(IBM)でハードの研究開発10年、サービスのSEと企画10年、営業10年合計30年勤務して退職。現在は 旅を求めてフリーランサーとして、今までの経験を伝えたくてブログを使っています。記事へのコメント歓迎です。

Zousan60をフォローする

「2019:中国でもLINEができたよ!」海外SIM香港でも中国本土でも成功

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
SIM海外
スポンサーリンク

海外SIMをもって香港エクスプレス(LCC)で香港へ

香港エクスプレスのサイトを見ていたら、香港・成田往復 24000円程度のチケットを見つけたので、過去に仕事で何度も訪問した中国本土の深センまで行ってきました。

以前は香港の空港から、香港入国せずにフェリー乗り場から深センの港へというルートが一般的でしたが、個人旅行の倹約のため、バスで、深センの国境に最も近い”上水”という電車の駅まで行き、そこから”羅湖ロウフウ”まで2駅電車で、歩いて国境を駅の内部で渡ります。

そこで、重要なのが 現地SIMをどうするかということなのですが。ご存じの通り中国本土では、Google、Youtube、LINE、Twitter すべてアクセスできません。

アマゾンを検索して 「4G高速データ通信 中国本土31省と香港で7日利用可能 プリペイドSIM」というのを見つけましたので、購入し実際に香港と中国本土(深セン)にて試してきました。

準備:アマゾンで1000円の香港のSIMを注文 China Unicom

このSIMは以下の特徴があります。

  • 1枚のSIMカードで中国本土31省と香港にて高速通信4G、 一部の地域で3Gデータ通信が容量2GB(ギガバイト)利用できます。
  • 開通後7日間利用できるので、中国、香港渡航スケジュールに対応する手軽なプリペイドSIMカードです。

ちなみに日本で用意することは、SIMフリーの携帯があれば、何も準備は不要です。

香港に到着 、SIMのセットアップと香港での接続確認

私の携帯はiPhone XSで通常 LINE MOBILEのSIMを日本で使っています。そのためまずは、LINE MOBILEのSIMを取って、この「4G中港 」  と書かれたSIMを装着します。

このSIMは3つのサイズに対応していますが、iPhone XSはナノSIMなので、最も小さい形で、SIMを切り抜いて装着します。

この時唯一気を付けなければいけないことは 「iphoneの設定で既存のPROFILEを削除 するということす。これをしないと接続できないケースがいろいろあるようです。

私の購入したSIMパッケージは、2GBで一週間 のSIMだったので、開通した日から、一週間2GBの範囲で使用可能です。

空港に着いたら、iphoneの再起動をしてください。

それだけで、もうインターネットの接続ができているはずです。 私のケースはすでに10MB/Sほどのスピードがでていました。

日本のSIM用のプロファイル設定は削除してください。

中国の国境を越えて本土の深センに移動します。

今回は最も安い移動方法である、バスで「上水」という駅まで移動し、それから「羅湖 ろうふう」まで2駅電車に乗って、国境を渡ります。

空港から上水駅への移動にはA43またはA43Pのバスと使います。一時間足らずで、上水駅到着
羅湖駅の国境を越えて本土に移動します。

中国本土に移動したら、早速携帯の接続状況を確認します。

このSIMは香港のCHINA UNICOMの電波をローミングを使ってインターネット接続を行うために、通常は中国本土では、遮断されている YOUTUBE, LINE, TWITTER、 GOOGLE検索 などのアプリをすべて利用することができます。

中国本土では通常のSIMではLINEは使えません。でもこのSIMを使えば大丈夫!

ほかの経験者のコメントでは、中国本土では、接続はできてもスピードが遅くなるようなことが書かれていましたが、私の場合は、常に2-3MB/Sでデータが転送できました。

携帯のモバイル通信のローミングは必ずオンになっていることを確認してください。!

最後に

今までは、中国本土に移動してから CHINA TELECOM等のSIMを買って、深センでは使ってきましたが、今回はこのローミングによるCHINA UNICOMの使用に成功して、できなかったLINEで日本の友人に常に接続できるということが確認できました。

データ容量は1週間 2GBで少ないかもしれませんが、アマゾンでは大容量のSIMも売っているようです。

最後に気を付けることを再度書いておきます。

  • SIMを交換したときは、日本でインストールしていたSIMのプロファイルを削除すること。設定=>一般=>プロファイル で IOSはプロファイル削除可能(IOS の場合)
  • SIM交換後は iphoneの再起動をすること
  • 中国本土で使うには ローミングがONになっている必要あり 設定=>モバイル通信=>通信のオプション=>ローミングオン にします。

以上の簡単な準備と設定で日本とほぼ同じインターネット環境が香港でも中国本土でも実現できます。

このブログがこれから中国、香港に行かれるかたに役に立ちましたら、ありがたいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
SIM海外
スポンサーリンク
シェアする
Zousan60をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました