Zousan60

外資系大手IT企業(IBM)でハードの研究開発10年、サービスのSEと企画10年、営業10年合計30年勤務して退職。現在は 旅を求めてフリーランサーとして、今までの経験を伝えたくてブログを使っています。記事へのコメント歓迎です。

Zousan60をフォローする

【Courtyard by Marriott Taipei DTWN】台湾 コートヤード・マリオット 宿泊レビュー

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
台湾
スポンサーリンク

マリオットボンボイ プラチナ エリートを昨年のプラチナチャレンジで取得後初めて 台北に行くことになり、台北コートヤード ダウンタウンに宿泊してきましたので、レビューをお届け致します。

空港からのアクセス

空港エクスプレスから台北駅で乗り換え、
台北地下鉄の 行天宮駅で下車

台北でのUberはとても安いと聞いていたのですが、桃園空港からはおよそ1300TWD およそ 4780円かかるとのことを知り 、初めてながらも空港エクスプレスと地下鉄の乗り換えで行くことにしました。結果的に 1人 130TWD 460円しかかからず激安ですが、Google Mapでは あまり良い経路が提示されなかったので、この記事を参考にしてください。特に ピーチなどのLCCで 行かれる方は 桃園空港が必須ですので。

Courtyard by Marriott Taipei Downtownへの経路

まず空港を降りたら 現地の現金を用意してください。空港エクスプレスはカードで支払えますが、地下鉄は現金のみです。

空港第一ターミナルから 台北メイン駅に向かいます。普通と急行Expressの電車が交互にきますので Expressに乗ってください 料金は100ドルです。360円

約1時間で 台北メイン駅に着きますので 地下鉄 MRTの表示にしたがって移動してください。30ドルの切符を自販機で買ったら 上の地図に従って 赤のライン から黄色のラインに 「民権西路 」で乗り換えて 「行天宮」 駅で降ります。地上に上がって 7分ほど 一直線の道路を歩くと 交差したハイウェイの橋の下をくぐってすぐに 台北国泰万怡酒店 Courtyard by Marriott Taipei Downtownに到着できます

チェックインとアップグレード

LCCの到着便が深夜だった為、早朝6:00の空港エクスプレス始発に乗ってホテルに着いた為 まだ8:30ごろでしたが アーリーチェックイン可能とのことで 、チェックインできました。しかし この時期 コロナの影響で 日本人 韓国人 中国人 の顧客のルームサービスは一切無しで タオル交換のみとの事。会社の指示なのでしょうがないと言われて、交渉開始! 「会社の指示は理解できるが 本来受けられるサービスを受けられない代償はどうしてくれる?」というお願いをしてみると、上司と相談が始りました。結果として 本来ついていない 当日の朝食を無料で付けてもらい 大ラッキー でした。

アップグレードも スイートは今日は埋まっているの 一点張りでしたが、強力にねばって なんとか スイート アップグレード獲得! 言ってみるものですね!

と、いう事で 3泊のスイート滞在が始りました。

部屋とラウンジ (スイート)

お部屋は 15階の部屋でラウンジは14階だったので 、もう少し上の階が良かったのですが、ラウンジアクセスは便利でした。

さすがに スイートだけあって テレビも最新式が ベッドルームと二台 あり オーディオのリモコンもありましたが使い方わからず。

しかも 日本語のNHKがいつも放送されていました。

ビュッフェ朝食とハピーアワー

朝食は一階のカフェのみの提供で ラウンジにはありません。6:30ー10:00

料理は 洋食の コンチネンタル ブレークファースト メニュー あり 中華の麺類をその場で作ってくれたり、小籠包や 肉まんも 全て提供されていました。 料理のシェフの腕も最高でした。

ラウンジ メニュー

ラウンジで提供される ハッピーアワー17:30-20:00 は ほぼ 完璧な 夕食メニュー! これには 感動でした。 外に食べに出る必要は 全くありません。

まとめ

ホテルのスタッフは 英語も堪能でしたが 日本語のできるスタッフは限定されていて とてもフレンドリーで、このコロナの猛威の様々な制限に中 賢明に対応していただけたと思っています。でも カスタマーとしてはいくら スタッフが危険で サービスのために入室ができないとしても、ごめんなさいで 済まされたら 納得はいきません。それなりの主張をしたら、今回のスイートアップグレードがあったのですが、黙って笑顔で受け入れていたら おそらく こういう待遇にはならなかったのでは? と思い、多少の残念さが残りました。

ただ 料理や施設 及びサービスと言ったホスピタリティは さすがに良く、 スタッフの教育も行き届いているものだと感銘を受けました。

このコロナの騒動が収束したら また訪問してみたいです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
台湾
スポンサーリンク
シェアする
Zousan60をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました