Zousan60

外資系大手IT企業(IBM)でハードの研究開発10年、サービスのSEと企画10年、営業10年合計30年勤務して退職。現在は 旅を求めてフリーランサーとして、今までの経験を伝えたくてブログを使っています。記事へのコメント歓迎です。

Zousan60をフォローする

悲劇:一度だけのチャンス!Office365(Microsoft365 )初年半額Windows10更新時に一度だけ

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Windows10
スポンサーリンク

Windows10を最新版のVersion2004に更新して、リブートすると 画面が暗くなって Office365の説明がでてきます。なんとこの説明を見ると Office365が初年度半額になるキャンペーンが表示されています。通常では表示されない、Windows のINSTALL時のようながめんなので、ちょっと不安に思いますが、MS自身のキャンペーンだと信じて、年次の PERSONALの契約を初年度6492円、その後12984円で了承し、カード番号をいれます。なんと、、あなたは、すごくラッキーな契約をしたことになります。と、いう事実が、契約完了後にググって、判明したので、お伝えします。

Windows10 Update ver 2004の更新とリブート

これは、Windows10の更新のリストです。 最新のUpdateha2004というバージョンになっています。

このUpdateを適用(通常は自動Update)して、いつものようにパソコンの再起動が終わった後に、不思議なことがおこります。

画面が暗くなって、マイクロソフトの宣伝ポイ画面がいつものアプリのインストールの前の警告のようにでてきます。

ボタンが誘うままに画面を進めていくと、最後にいかのような画面が登場します。

ここで、初年度50%の節約ができるとのキャンペーンの提案があるのです。

なんとも不思議なタイミングで、しかも詐欺っぽいにおいがしますが、そこはMSからの画面と信じて、”Microsoft365″を購入というボタンを押します。

Office365 Personal 購入(初年度50%引き)

ここで勇気を出して、契約内容に同意し、クレジットカード番号を入れると、めでたく、Office365の登録が完了します。

登録の過程でHOTMAILや OUTLOOKのメールアドレスを入れる場面があるので、そのメールアドレスに契約完了のメールが届いているはずです。

メール内容を確認して、差出人のアドレスを確認してください。アドレスがシンプルに ”@microsoft.com” になっていたら、正規のMSからのメールであることが確認できます。これで、初年度半額 つまり、6492円のキャンペーンに適用されたことになります。

このキャンペーンは一度限り(のようです)

契約後 ググってみたのですが、皆さん いったん契約しないで、後程、同様にキャンペーンがあるかどうか探されているのですが、こんなキャンペーンはみつかりません。

つまり、このリブートのタイミングを逃すと、このキャンペーンは存在しないようです。(今後MSから提供になる可能性はありますが)。よって Office365(Miscrosoft365 の契約を検討されている方は、) このタイミングを逃さないほうがお得だと思います。

まとめ

いままで、価格の点から、Office365のビジネスを契約していました。 なぜか Office365のPERSONALは ビジネスよりも少し高いのです。ただ、Office365ビジネスには少し不便さがあります。

それは、既存のHOTMAILやOUTLOOKのアドレスが使えず、新規のアドレスが必ずアサインされるのです。つまり、ONEDRIVEのスペースなども、今までつかっていたドライブとは別のドライブがアサインされ、ログインやメールも余分な手間がかかるのです。

そのため、次年度からは、ビジネスの契約を辞めて、PERSONALの契約に切り替えようとしていたところに、このキャンペーンに遭遇し、今回は、ラッキーでした。

同様の悩みを持っていらっしゃるOffice365ユーザーの方には、このUPDATEに伴うキャンペーンはチャンスだと思いますので、お見逃しなく!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Windows10
スポンサーリンク
シェアする
Zousan60をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました