Zousan60

外資系大手IT企業(IBM)でハードの研究開発10年、サービスのSEと企画10年、営業10年合計30年勤務して退職。現在は 旅を求めてフリーランサーとして、今までの経験を伝えたくてブログを使っています。記事へのコメント歓迎です。

Zousan60をフォローする

【2019 エポスカード】海外旅行保険・年会費無料のおすすめ

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
クレカ
スポンサーリンク

皆さんは、現在何枚のクレジットカードをお持ちですか?もう何枚もすでに持っているので、よっぽどのの理由が無ければ、新しいカードはいらないと思っていらっしゃる方も多いと思います。

でも考えてみてください、年会費無料なら、何枚持っても当然無料、しかも 海外疾病保険がこのカードを使わなくても、付帯され、しかも 海外疾病保険金の最大額はお持ちのカードの合算でカバーされるということをご存じでしたか? もしご存じなければ、このブログはあなたにメリットがある情報をお届けすることを約束します。

海外旅行に行く予定がある人必携。即日発行にも対応可能

もし海外旅行に行かれる予定があるなら、いろいろ理屈を考えないで、まずこのエポスカードはすぐに申し込みをしておきましょう。

クレジットカードの種類は、星の数ほどあるのですが、このエポスカードに関しては、持っているデメリットがほとんど見当たりません。

なんせ、年会費無料で、しかも自動付帯(このカードで旅行費用を払わなくても保険適用)なんですから!

もし、有名どころの海外旅行保険に入るとすると、インターネット契約でも3,000円近くはかかります。

例:損保ジャパン日本興和 北米、7日間 治療1000万まで(保険代2870円) 2019年8月現在

エポスカードを進める理由

  • 年会費無料で持つことができる
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 海外キャッシングの返済をネットからできる。
  • マルイ・モディで年4回10%の割引が受けられる
  • Apple Payに対応
  • 入会キャンペーンで、ポイントが多数もらえる
  • 即日発行可能

というのがざっと言うとエポスカードの特徴であり、優れている点ですが、もう少し簡単に詳細を説明いたします。

年会費が無料

たとえ全く利用しなくても年会費が無料なので、もっていることに負担が全くありません。

海外旅行傷害保険が自動付帯

海外旅行の現地で緊急入院した場合

治療を受けるために、実際に支出した金額(治療費、入院費、薬剤費など)に対して
最高270万円まで保険金を支払ってもらえます。

この保証金額は多少少ないので、これだけでは、心もとないと思われる方は、ほかのカードとの併用をお勧めします。海外の病院に入院するととても高くつきます。

保険の種類 保険金額
障害死亡・後遺症障害

最高500万円

障害治療費用 200万円(一事故限定)
疾病治療費用 270万円(一疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000蔓延(一事故の限度額)

海外保険損害保険

観光中にデジカメを誤って落として壊してしまった。

デジカメの損害額に応じて保険金額の範囲内で、負担分(3,000円)を差し引いた金額を支払ってもらえます。

カードは即日発行あり(ただし審査があります)

マルイの店舗で手続きをすると、即日発行も可能です。ただし、30分ほどの審査があります。

エポスカードの弱み

家族カードがありません。

家族全員がそれぞれ取得すればいいので、家族カードが無くても問題ないと思います。

ポイント還元率

ポイント還元率は低いです。(0.5%)。通常のクレジットカードは1%の還元率が多いのですが、エポスカードはそれよりも低いです。 ポイント以外のメリットを重要視しているようです。

ただし、お店によっては、エポスカードを使うと2-5倍のポイントが付く場合もあります。

  • シダックス  : 5倍
  • ビッグエコー : 5倍
  • ノジマ    : 5倍
  • IDC大塚家具  : 2倍
  • APAホテル  : 5倍
  • HP : 10倍

NOTEパソコンの大手のHP(ヒューレットパッカード)に関しては、10倍のポイントということは、とてもお得ですね。HPのノートパソコンを買う時には、ぜひこのカードを利用しましょう。

エポスカードの取得について

エポスカードはマルイの店舗に出向いて申請をすることも可能ですが、時間に余裕がある場合は上記のアイコンリンクからの申請が便利です。

簡単な審査ののちに、審査結果がメールされてきます。

最後に

最近 ハワイで突然”盲腸”になり、地元の病院に入院したら、256万円請求されたとの情報がはいってきました。このような、病気、疾病はいつ襲ってくるかわかりません。

それが、たまたま、外国の旅行中だと、大変な出費になってしまいます。ただ、個別の海外旅行保険はとても高いです。特に 空港に窓口がある大手保険会社の保険は、渡航の国ごとに料金がわかれていて、とても複雑です。ただ、多くの人が空港で、海外旅行保険に加入されて、5000円程度の保険料を払われています。

もう少し、賢くクレジットカードを使って、お金をもっと他の豪華な食事などに使うためにも、このエポスカードへの加入をお勧めします。特に年会費無料なので、何も失うものはありません。

唯一エポスカードで不安なのが、疾病保険金額の270万円ということですが、これは、ほかの海外旅行保険自動付帯カードに追加で加入することで、月合算の保証金額を得ることが最良の方法だと思います。

その他の年会費無料で、海外旅行保険自動付帯カード

  • REX カード (疾病保険最高200万円)
  • セゾン American Express Blue  (疾病保険最高300万円) 26歳以下のみ年会費無料

これらすべてに加入しておくと、エポスカードの270万円を足して、570万円までの疾病保険保証がすべて年会費無料で受けられる計算になります。

ご検討ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました