【Anker Soundcore Liberty Air 2】ノイズキャンセラー付(完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)レビュー

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
ワイヤレスイヤホン
スポンサーリンク
単体で7時間 ボックス充電で28時間 使用可能

ワイヤレスイヤホンは、当然ですが ケーブルが無く独立しているために、個人的にとても気にしている事があります。以前アップルのAirpodを使っているときに顕著だった のですが、私の耳の形状が アップルのイヤホンの形状だとすぐに取れてしまう のです。その為 Airpodを飛行機に席で 夜中に落下させてしまい、10分以上席の周囲を探すという事件が起こりましたそれ以来 Airpodのようなオープン系のイヤホンは外出時には 落とすのが怖くて 持ち出すことができなくなりました。そこで当時から愛用していたのが Anker製ノイズキャンセラーカナル型ワイヤレスイヤホンです。このタイプだと 形状的に落ちにくいのと 価格も安価しかも 音もまままあという事で 常に私の一押しでした。

はじめに

これで Anker ワイヤレスイヤホン4つ目となるのですが 今回 Anker Soundcore Liberty Air2を購入して毎日使っています。なんと言ってもこのイヤホンの売りは Airpodに似た しかも黒の 耳からうどんタイプの形状(黒いのでうどんには見えませんが)と 長いバッテリー時間と USB-Cの充電ケーブルが特徴の最新版です。

セットアップ

まず 簡単なインストール マニュアルに沿ってインストールしようとしましたが ペアリング時に名前が 左右別々に現れ 両方 ペアリングしても片方しか 音がしません。不良品での 返品にしようかとも思いましたが 、Amazonの販売ページに書かれていた注意通りに まずやってみるとうまくペアリングできました。

ペアリングができない場合のリセット方法

1.ご使用の機器のBluetooth設定画面から「Soundcore Liberty Air 2」の登録を解除してください。

2.左右のイヤホンを充電ケースに入れ、イヤホンのLED表示が点灯し、充電中の状態にあることを確認します。

3.充電ケースのカバーを開いた状態で、ケース裏面のボタンを10秒間長押しします。

4.イヤホンのLED表示が、赤色に3回点滅すればリセット完了です。

Soundcoreアプリのインストール

アップルの場合は Soundcore というアプリを Appストアからインストールします。 すると まずは ファームウェアの更新が始まります。しっかり充電してから 更新をします。

このアプリを利用して 左右のイヤホンの 長押し ダブクリックの 挙動や HearID という 自分の耳に合わせた特性の登録などが可能となります。

使用感と音質

音楽を聞いた時

やはり 低音はそんなに強調できないみたいですが、全体としては とてもバランスの良い音に聞こえます。

10メートル離れて ブルーツースのテストをしましたが 全然切れません。

電話の音質について

このワイヤレスイヤホンは 通話の時のみ ノイズキャンセラーが働きます。これが 価格 の違いと共に アップル AirpodProと大きく違うところです。

ただ ノイズキャンセラーは通話の時だけで十分な気もします。周囲の音が 全く聞こえないで 外での音楽鑑賞は ちょっと恐怖を覚えることがあるのではと考えます。

まとめ

価格は Amazonで8000円以下でこの品質と バッテリーの持ち時間 決して後悔しない買い物だと思います。 将来性を考えても USB_cの 充電端子は 一押しだとおもいます。

何にも増して Airpodのように イヤホンに3万円を払って 機能を求める気にはなりません。かと言って 音質と価格のバランスは重要なので このワイヤレスイヤホンが如何に バランスよく企画設計されているかを痛感しました。

是非一度お試しくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました